知らないスポーツ

知らないスポーツ

ロンドンオリンピックで初めて、フェンシングのルールが朧気にわかったという人は多いと思うんです。

私もその一人。

その競技の存在は知っていても、点数の入り方というのがわからない。

ようやくそれを知ったのですが、あれって肉眼じゃ難しいなぁ。

いま正式種目にしてくれればいいなぁ、それでメダルでもとってくれれば、そのルールその他を、懇切丁寧にテレビでやったくれるでしょうと期待しているのが、ラクロス。

ラクロスという名前は知っているし、見れば「これはラクロスの道具だな」ということぐらいはわかる。

でも、どんな競技なのか、ルールがわからない。

もっと言えば、「クリケットとルールはどのぐらい違うのか」それも興味があります。

クリケットのルールも知らないのですが、なんとなく似ているように感じているのです。

でもチョロッと調べてみると、ラクロスはもともと北米のネイティブアメリカンの祭事の競技だったようです。

だからカナダの国技なのかと、納得した次第。

クリケットはイングランド発祥。

途中、「ティタイム」があるような、なんとも優雅なスポーツ。

英連邦諸国では、サッカー、ラグビーと並ぶ絶大な人気を誇るとありました。

見た目も写真では、ラクロスのほうが攻撃的に見えます。

写真を雰囲気限り、ラクロスとクリケットのルールが似ているのではと予想したのは、私の思い違いかもしれません。

クリケットは、野球に似ているのかも!

どーんと戦うのでなく、先攻後攻があるスポーツなのかも!

いくら考えても、「もしかしたら!」の連続で、掴みかねます。

ここまでは調べたのだから、ルールだって読めばわかりそうなものなのですが、ルールというのは文字で読んでも、なかなかワカリツライものですね。

読んでもサッパリわかりません。

やはりTVなどで図入り解説をしてもらわないと、とてもとても。。。

できればポロという競技も知りたいなぁ。

その存在だけは、ラルフローレンのトレードマークも一役買って、知名度は高いと思うのです。

でも、日本の風土というか土地には合わない競技ということが大きいのでしょうが、試合そのものを見る機会も少ないし、必然ルールも知り辛い。

自国ではそうでもなくても、各国で愛されている、そんなスポーツって多数あるはずですから、

そういったものを紹介してくれるテレビ番組があったらいいなぁと思います。

バイク買取業者

アイスコーヒーの季節も終わったか。

アイスコーヒーの時期もそろそろ終わりますから、もう注文しないつもりです。

ってけ、もう一回だけ取り寄せようかしらと思ってサイトを見ると、完売になってたんですよ。

完売なら仕方ないですもんね。諦めます。

来年を待つことにしましょう。

季節到来の時は、本当にワクワクします。

もう何年も使っているコーヒーなんですけどね。

「アニーのお気に入り」の水出しダッチコーヒーです。

6月頃に売り始めるんです、それが楽しみで。

5袋で1050円、1Lに一袋ですから、がぶ飲みの私にはちょっとお高いお買い物ではあるのですが、冷たい上にブラックで飲むのには、少しのエグ味も気になりますから、ホットのコーヒーの時よりも贅沢になります。

リキッドタイプのアイスコーヒー売ってるでしょ?

あれね、私には濃すぎるんですよね。。。

かといって、いちいち沸かしてというのも辛いので、水出しが嬉しい。

今年もどのくらい使ったかなぁ。

さんぴん茶とアイスコーヒー、半々ぐらい飲んでいたかもしれません。

タバコとコーヒーぐらいしか、執着しているものもないですから、コレぐらいはと思って使い続けています。

いや、足し算すると結構なもんなのでしょうけどね。

それはほら、あえてしませんってwww

とうとうその季節も終わりましたか。。。

暑い暑いと思っていたのに、あっという間に夏は過ぎましたね。

ホットのコーヒーを飲みながら、「もう、これでちょうどいい気温になったんだな」としみじみ感じました。

裸で寝ているダンナが、「わぁ、寒い」と毛布を足元から引っ張って、頭まで掛けています。

そろそろ布団も、出したほうがいいかもしれません。

窓から外を見ていますが、少しづつ秋めいてきましたね。

そうこうしているうちに、冬も来てしまうのでしょう。

1年があっという間に過ぎるようになったのは、30才過ぎてからですかね。

いや、学校に言ってた頃までかな。

それまでは、1年終わらない。。。と感じていたのに。

朝焼けです。

うっすらと、気鋭な朝焼け。

こういう時に頭に流れる歌は、かなしいかな

「朝焼けの光の中に 立つ影は。。。」

。。。ミラーマンなのです。

もうちょっと気のきいた音楽が流れるといいんですけどね、ミラーマン。。。

鏡の世界を通り抜けて、朝焼けに立つんですよ。